ヘルスプレイが始まったらキスから開始│デリヘルご利用マニュアル

女の子が到着して、一服したところで軽くキスをするのもいいかもしれませんね。
デリヘルの女の子というのは、基本的にキスをすることに抵抗を持っていないので、ディープキスで恋人気分を高めることが出来ます。
今一番人気のある風俗であるデリヘルのサービスというのは、基本的には店舗型のファッションヘルスと同様となります。
しかし中には性感ヘルスやイメクラのサービスをデリヘルで実施しているちょっと変わった業者もありますので是非利用してみてください。
女の子とお風呂やシャワーをしたら、いよいよ本格的なデリヘルプレイのスタートとなります。
デリヘルで、貴方がどのようなプレイを望んでいるのかを予め考えておき、それを伝えておくと良いでしょう。

 

デリヘルでのプレイの仕方としましては、「女の子から男性を攻めてもらう」ということが一般的となります。
女の子はいろいろなプレイをして、お客さんを攻めてくれることとなりますが、まずは挨拶代わりにキスから始めるようにしましょう。

 





町田 デリヘルの専門
URL:http://www.cup-foodle-group.jp/
町田 デリヘル


ヘルスプレイが始まったらキスから開始│デリヘルご利用マニュアルブログ:2018年09月19日

仲間が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
ハヤシライスなんだそうですね。

みなさま、ホントですか?

というのも、
あたくしは母のハヤシライスをきちんと思い出せないんです。

それは母がハヤシライスを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりハヤシライス、
ある時はしゃばしゃばのあっさりハヤシライス。

その都度、
母は「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
あたくしの母の場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日の母のテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日チーズケーキも手作りだったのですが、
チーズケーキの大きさが毎回違うんです。

これは母がケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのチーズケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

母の面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただあたくしが言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。

ホーム サイトマップ