本番をしてしまうと制裁が待っている│デリヘルご利用マニュアル

本番行為をするようなお客さんを見逃すのは、お店の評判を落とすことにも繋がりますので、お店は厳重な制裁をします。
100万円を超える多額な慰謝料を請求されたり、中には写真をホームページで公開するなんてこともあります。
デリヘルで働いている女の子の多くがいわゆる素人さんであり、風俗未経験者が多く在籍しています。
店舗型の風俗では抵抗のある女の子が多いことから、お小遣い稼ぎのためにデリヘルでお仕事をしているのです。
デリヘルで万が一本番行為をしてしまうと、発覚した場合には多額の慰謝料を請求されてしまうこととなってしまいます。
女の子が「入れてもいいよ」と言ったとしても、いざ本番行為をした後に気が変わるなんてこともよくある話です。

 

もし本番行為をして女の子がお店に通報してしまうことによって、すぐに男性従業員が駆けつけてくることとなります。
お店の禁止行為に違反をしてしまったということで、貴方に厳しい制裁が実施されます。

 



本番をしてしまうと制裁が待っている│デリヘルご利用マニュアルブログ:2018年12月25日

現代社会では、トレーニング不足の人が増えています。
都心部ではクモの巣のように交通手段が張りめぐらされていますから、
頼っている人も多いことでしょう。

トレーニング不足の問題は、都会だけではありません。
わしの実家は山奥の田舎ですが、
田舎でもトレーニング不足は問題として浮上しています。

交通手段が乏しい田舎だからこそ、
車が必需品になり、トレーニング不足になってしまうのですね。

また、スピードが加速している時代ですから、
トレーニングする時間そのものがないと嘆いている人もいるでしょう。

でも、大丈夫です!

「トレーニングする時間がない」のなら、アイデアがあります。
トレーニングする時間を別で設けるのではなく、
今の生活の中にトレーニングを取り入れるのです。

減量のために、ジムに通うことになれば、
時間もお金もかかります。
もちろん、それがあるという人はそれでもいいのですが、
そもそも生活の中でトレーニングするチャンスは、すでにたくさんあります。

例えば、以下のようなアイデアはいかがでしょうか。

お買い物に行くときには車を使わず、自転車を使う。
駅までの往復に自転車を使わず、歩いて通う。
駅はひとつ手前で降りて、歩いて家まで帰る。
ひとつ上の階や下の階であれば、階段を使う。

ちょっとした工夫ですぐに実現できますね。
今の生活に取り入れるだけですから、今日からでもすぐに始められます。

「都会だから」「田舎だから」「時間がないから」「お金がないから」
すべて言い訳です。

「トレーニングをするきっかけがない」という人に最も必要なのは、
「時間」ではなく「工夫」なのです。

ほんの少し工夫をすれば、
どんなに忙しい日々であっても、
トレーニングする時間を作り出すことができるのです。

今日はおしまい!!! 


ホーム サイトマップ